2013年09月15日

だいこん(大根)【つくれぽ10〜1000件超レシピのまとめ(大根) 】

daikonn.jpg
大根


 だいこんの根の部分には、消化吸収を促進してくれるアメラーゼ(デンプン分解酵素)ビタミンCが多く含まれています。
特に皮には中心部より2倍ものビタミンCが含まれています。

また、捨ててしまいがちな葉の部分には、根の5倍近いビタミンCや根にはみられないビタミンA(カロチン)、その他多くの成分を含んでいます。
 辛み成分であるイソチオシアナートは、血をサラサラにし血栓を予防したり、白血球を活性化させ殺菌作用の効果があります。
 消費量の多いだいこんは、他にもいろいろな栄養や効用があり、まさに野菜の王様といえます。

農水省webページより抜粋 ⇒ 農林水産省(統計部)大根

1年の生産量の7割が秋冬に生産されている大根。


生(サラダとか)・加熱(風呂吹き大根とか)・漬物・干した乾物(切干大根)
また、香辛料として使われる辛味大根を楽しむか・・・

どうやって食べても美味しい大根。
今日はどうやって食べますか?


大根の人気レシピをまとめてみましたので、迷った時は参考にしてみて下さい^^
 ⇒ クックパッドの人気レシピのまとめ【大根】


posted by おたまA at 18:49| 旬野菜(秋冬)だいこん(大根) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。